あなたの物流アドバイザー MONOLIX

株式会社モノリクス

MONOLIX 製品価格について

コラム
齋藤紀之(さいとう のりゆき)

齋藤紀之(さいとう のりゆき)

代表取締役社長 兼 物流機械アドバイザー
特技:レゴブロックとパワポを使ったアイデア機械の構想
趣味:剣道(息子と毎週通っています)

AGV 牽引治具 リモコン 連結アーム ゾーンライト 機能拡張 周辺機器

目次

はじめに

モノリクスはAGV/AMRに取りつける機能拡張機器の専門メーカーです。
さまざまなAGV/AMRにチョッと足りない機能を低価格で提供することをミッションとしています。

「チョッと足りないを低価格で・・・」その価格はお幾ら?という質問をよく頂くため、今回のコラムではザックリとアタリを掴むための指標をご案内します。
(※正確な機器価格に関しましては基本的に、購入するAGV/ AMRのメーカーから拡張機器を含めた車輛全体の見積を取得していただくようお願いしています)

価格設定へのこだわり

もし、AGV/AMRにあらゆる現場のニーズ・機能全てが網羅的に搭載されているとすれば、その車輛は非常に高価で大掛かりなモノになり、低予算でAGV/AMRの導入を叶えたいという多くのプロジェクトにとって手の届かない車輛となるでしょう。

そこでAGV/AMRメーカーが割り切り・絞り・厳選した機能を詰め込んだ車輛に対し、失礼ながらこちらで「惜しい!この現場にチョッと足らない・・・」と判断した機能を提案し、各現場に最適な機能を搭載したAGV/AMRを納入するお手伝いをしています。

モノリクスが低価格で提供する機器が、あなたの現場にピッタリパーフェクト!なAGV/ AMR導入の一助になれば幸いです。

<牽引治具> Begin⁺JIG (=キーカート用はキーコネクト)

Begin⁺JIGは、カゴ台車や6輪カートなど様々な物流・流通アイテムの牽引搬送に欠かせない連結治具です。対象物流アイテムのワンタッチチャッキング・フローティング・全自在輪対応・自動切離し等物流・流通に必要な機能を搭載しています。
(詳しくはこちら

【Begin⁺JIGの価格感】

AGV/AMR車輛価格の20~40%のJIG費用を想定しています。
(※一般的なカゴ台車を牽引する仕様の標準価格)

様々な機能拡張・台車対応など、仕様により変動しますが、
AGV:200万円+JIG:40万円 総額240万円/台の実績もございます。

<AGV用リモコン> KEY×CON

KEY×CONはAGVを遠隔でスタート/ストップ操作することが出来る機器です。

設定は、リモコンと紐づけられた車輛用搭載機を各AGV毎に1台取付けるだけです。
リモコン1台で27台までAGVを操作可能。もちろんリモコンを複数台保有することも出来ます。

KEY×CONが新しくなりました

【AGVを遠隔操作するメリットと人気の運用】

1.フォークリフトに乗ったままAGVを停めてパレットを載せ下ろし、作業終了後リモコンで発進可能
→フォークリフトから一番近い所でAGVを停めて荷物の受け渡し 横持をAGVの仕事に

キーカート用リモコン

  1. リモコンで停めたAGVと人が運ぶカゴ台車を好きなところで繋ぎ、発進させられる
    →AGVの停止は定位置から自由位置へ(流動的な倉庫のロケーションに対応)

【KEY×CONの価格感】

AGV10台をリモコン3台から操作する場合、もし制御盤を立ててWi-Fiを張り巡らすシステムで対応すると800万~の設備ですね。
→KEY×CONならば、約80%OFFの価格で実現可能

更に、AGV1台に対しリモコン1台でも運用可能。設備費用は大体AGV台数に比例しますので、小規模AGV設備に最適です。

<AGV用交差点制御> KEY×CON+

KEY×CON+は、KEY×CONリモコンの発展機能として開発され、AGV同士の交差点合流制御・複数台渋滞AGVの等間隔制御・単線相互制御・シートシャッター制御・防火シャッター対策等に使われています。
(詳しくはこちら

【KEY×CON+の価格感】

例えば、AGV10台で交差合流箇所が5か所ある設備の場合、制御盤を立ててWi-Fiを張り巡らすシステムで対応すると、1000万円を超えるシステム設備が必要ですね。
→KEY×CONならば、やはり約80%OFFの価格で実現可能

更に、AGV2台に対し、交差合流箇所1か所でも運用可能。掛かる費用は台数に比例し、制御箇所10か所まで凡そ同額のため、90%OFFの実績も。

異種AGVの交差点制御も可能なので、既存のAGVに新規AGVを増設するなど、使い方の巾が広がります。

<AGVの安全性向上> ゾーンライト

AGVがより自由に安全に走行するためには、その車輛の存在を周囲にアピールさせることが不可欠です。
AGV走行時のメロディーやシグナルライトと併用して更なる車輛接近の周知策を施せば、歩車分離が自然に行われ安全性が向上します。

AGV/AMRの走行技術開発は障害物を避けたり、最適なルートを選択する難易度の高い方向を目指す傾向があります。非常に良い技術だと思います。
しかし、現場にとってより大事なことは、走行するAGVがフォークリフトの作業者や歩行中の人から認識しやすく、自然にルートを分離して衝突を回避できる方法ではないでしょうか。そのためには、必ずしも高価な技術が必要とは限りません。

ゾーンライトは、初歩的で簡単な仕組みの安全対策です。(詳しくはこちら

【ゾーンライトの価格感】

AGV車輛本体の数%分の費用です。安価に一つ上の安全性向上を目指しましょう。

<台車牽引間接続部品> 連結アーム

連結アームは、作業性・安全性・強度・牽引性能をAGV搬送用に調整した、台車を複数連結させる金属製アームです。

AGVが1往復に1台車運ぶ物量に対して、1往復に2台車運ぶことが出来れば効率が2倍になります。
AGVの保有台数を最少限に抑えながら、牽引可能荷重の範囲内で複数台車を連結牽引搬送することは、手軽に現場の物流効率を向上させたい場合に理想的な手段といえます。

【連結アームの価格感】

比較的安価なAGV1台の費用と比較しても、連結アーム10本の価格でお釣りが出る価格感です。

10台のAGVで10台の台車を牽引する設備能力と、10台のAGVに10本の連結アームを使って運ぶ設備能力。価格差は1割増しですが、能力は2倍です。条件によっては強い武器になるでしょう。

※連結アームの仕様は対象が固定輪台車であることが条件です。
※取付・取外し・保管作業は設備効率に大きく影響します。作業環境を考慮した上でご検討ください。

<ハンドフォークリフトをAGV牽引> HFconnect

ハンドフォークはハンドとあるだけに、人の手で掴んで運ぶもの。
この常識を覆す機器がHFconnectです。ハンドフォークリフトの細かい操作は人が行い、引張って運ぶのはAGVに行わせることができます。
物流アイテムの中でも、比較的安価なハンドフォークだからこそ台車のように複数を循環させて運搬効率の良い運用が可能になります。

【HFconnectの価格感】

AGV/AMR車輛価格の10~20%の費用を想定しています。
AGV:200万円+ HFconnect:20万円 総額220万円/台の実績もございます。

※AGV種類により取付方法等、別途設計が必要な場合があります。
国内有名ハンドフォークリフトメーカー品には概ね対応しておりますが、ハンドフォークリフトの形状により接続部の設計に別途費用を要する場合があります。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

正確な機器価格や今回記載できなかった製品に関しましては、購入するAGV/ AMRのメーカー経由でのご連絡となりますが、大体の価格感をお伝えできていれば幸いです。

長く現場に寄り添ってきたモノリクスは、AGV/AMRの導入に必ずしも高価な技術が必要とは考えていません。
簡単かつ役立つ仕組みで、自動搬送にチャレンジする現場をこれからも応援して参ります。

 

株式会社モノリクス(所在地:東京都文京区、代表取締役:齋藤紀之)は、現場を楽しく・楽にする物流搬送関連機器を製作する企業として、様々なAGV・AMR(自動搬送車輛)関連製品を開発・販売しております

動画で見る↓
モノリクスのAGV/AMR関連機器

AGV/AMR×簡単に AGV/AMR×重さ AGV/AMR×安全に AGV/AMR×安く #どうやって?
すべてモノリクスにお問い合わせください!

(モノリクスへのお問い合わせはこちら

イオングループの最先端物流拠点に、モノリクスのAGV/AMR用牽引治具が採用されました – 株式会社モノリクス (raku-logi.com)

;