あなたの物流アドバイザー MONOLIX

株式会社モノリクス

KEY×CONシリーズ総合カタログ

製品情報
齋藤紀之(さいとう のりゆき)

齋藤紀之(さいとう のりゆき)

代表取締役社長 兼 物流機械アドバイザー
特技:レゴブロックとパワポを使ったアイデア機械の構想
趣味:剣道(息子と毎週通っています)

KEY×CON キーカート用リモコンと交差点制御

AGV拡張機器の定番商品となりましたKEY×CONのカタログを作成しました。

キーカートにKEY×CONを搭載するだけで簡単にリーズナブルに機能拡張が可能です。

カタログDOWNLOADはこちらKEY×CONシリーズカタログ

キーカートのリモコン制御

キーカート用リモコン

いつでもどこでも
走行中のキーカートから選んで
「停止」・「発進」をかんたん操作

フォークリフトと組合せAGVライン

入荷場のフォークリフトからAGVに荷物を載せる。荷物はAGVが運び、倉庫の奥で別のフォークリフトが受け取り保管する。フォークリフトの横持走行が削減されます。フォークリフトが奥まで走行し手前に戻る往復時間が無くなります。複数台のキーカートをグルグル回すことで効率の高い搬送が実現します。まるでパレットコンベヤラインを作ったかのような成果です。

キーカートの交差点制御

キーカートを交差点制御

  • 複数台走行するキーカートの分岐合流コースが作りたい
  • 2ラインが交差するレイアウトが作りたい
  • 安価で交差点制御を行いたい

キーカートにKEY×CON搭載機とセンサーを付けるだけで、交差点制御が完成します。より自由なレイアウトが可能になります。これまでキーカートで交差点制御を行うためには、制御盤を置き、構内にWI-FI張り巡らし、専門のプログラムを組んで行っておりました。チョッとした設備ですぐに数百万~千万円の設備になってしまいます。KEY×CONはキーカートの改造無し、地上設備も不要。KEY×CON搭載機とセンサーをキーカートに付けて、地面にマークを貼るだけで交差点の出来上がり。桁違いの安さです。

キーカートを使った回るパレット搬送

回る物流 物流の効率は回ること

複数台のキーカートが構内をグルグル回ることで、非常に効率の高い搬送が可能になります。

詳しくはhttps://raku-logi.com/2021/08/2152

 

防火シャッター検出制御

シャッター制御

防火シャッターは、有事の際シャッターが自動的に下降するシステム(火災報知器と連動)になっています。その時シャッターの下にAGVが居たらシャッターが閉まらず大変なことになります。シャッターが確実に閉まっている状態であればAGVの障害物センサーで止まるでしょう。しかし、シャッターが閉まる途中にAGVがシャッター下に進入し、通過する前にAGV及び荷物にシャッターが干渉するとそのままシャッターが閉じず、AGVも進めない状態になります。

KEY×CONの交差点制御を応用することで

  • シャッターが閉まっていないことを確認し通過
  • シャッターが閉まり始めたことを認識し停止
  • シャッターが閉まる直前にAGVが真下に居る場合は通過して回避

安全に防火シャッターを通過することが可能になります。工場、倉庫の全ての区画防火シャッターにはこの設備が必須です。

クイックシャッター開閉制御

シートシャッターには、人を感知するセンサーが付いていてシャッター前に立つと自動で開閉します。AGVもこのセンサーを使用すれば開放が可能です。しかし、後ろにカゴ台車などを牽引しているAGVが通過している途中にセンサーが見失い、シャッターが閉まることがよくあります。最悪、シートシャッターに台車が引っ掛かった状態で引きずりシャッターを破損させることもしばしば・・・確実にAGV到着でシャッターを開け、AGVと荷物が通過したことを確認して閉めたいです。

KEY×CONの交差点制御を応用することでシャッター前の床マークを読みシャッター開。通過後マークを読むまで走行し、後続全てが通過したところで床マークを読みシャッター閉を行う制御がカンタンに導入できます。

単線相互制御

キーカート2台の単線制御

単線電車の離合制御の応用です。中央駅のホームが2列になっており、離合することが可能です。電車では駅員さんが安全を確認して出発しますが、AGVではシステムで安全管理を行う必要があります。

KEY×CONを応用することで簡単にシンプルに離合制御が可能になります。

※ただし、KEY×CONの電波が届く範囲に限られるため全部で50m以内の構内での運用となります。詳しくMONOLIXまでご相談ください。

;